江原達怡著『心ごころの思い出』

心ごころの思い出

江原達怡著『心ごころの思い出』(犬小屋出版/2,200円)発刊しました!

昭和23年、松竹の『鐘の鳴る丘』で子役デビュー。黒澤明監督、岡本喜八監督等の作品のほか、「若大将シリーズ」や「三人娘シリーズ」等、東宝青春映画に欠かせないバイプレーヤーとして活躍。またプロのドライバーやスポーツウェアのデザイナー、企画コンサルタントとしても才能を発揮した半生を振り返る。

この本の原稿になった電子書籍(Amazon Kindle書籍)は「昭和縦糸プロトコル」です。

Follow me!